高度経済成長期から急速に発展を遂げてきた上下水道施設の更新に伴う費用は増大する一方、自治体の財政逼迫に伴って維持管理に係る費用は下降線を辿り、更に包括的民間委託の促進、競争性の強化を図った業者選定方式の導入など、この業界を取り巻く環境は年を追うごとに厳しさを増しています。
 そのような時代の中、当社は上下水道施設の維持管理という事業を通じて市民の皆さまの安定した暮らしを支え続け、地域の一員として地域社会とともに歩んでまいりました。今日では、水処理施設維持管理のプロ集団として、顧客である自治体の皆さまに信頼を受けるまでに成長してきたものと確信しております。

 当社は、平成25年7月20日、「株式会社九州設備公社」から「キュウセツAQUA株式会社」へ社名を変更いたしました。
 顧客の皆さまに定着していた前社名の略称である「九設」を市民の方々も含めて更に親しんで頂けるよう「カナ」で「キュウセツ」と頭に冠し、今後、水事業の総合的なマネジメントを推進する企業へと飛躍する決意を込めて、新しい「水」の呼称である「AQUA」を連ねた社名となっています。

 今後につきましても、これまでに培ってきた実績やノウハウを活かすとともに、顧客や市民の皆さまから信頼されるパートナーとなれるよう、業務品質の向上ならびに地域社会への貢献に全社一丸となって取り組んでまいります。



SYMBOL
 
生命の源“水”と社名頭文字“K”を掛け合わせたデザインを基調とし、清澄な水を象徴するホタルが舞う水環境の形成に貢献したいという意味を込めています。