• 環境保全・社会活動
  • >
  • TOP

上下水道施設の運転管理だけに捉われることなく、施設周辺の清掃活動やボランティア活動、
また近隣住民の皆さまを招いたイベント企画など幅広い活動を展開し、
地域社会の皆さまのパートナーとしてともに歩んでいきます。


人工飼育したホタルの放流・飛翔会
市民の皆さまにとって、一般的になじみの薄い上下水道処理施設ですが、弊社は、地域貢献活動の取り組みの一つとして下水処理場の再生水を利用したホタル飼育に取り組み、行政やNPO法人と連携した観賞会を催すなどして訪れた人々に喜ばれています。
毎年5月下旬に観賞会を開催し、優しい光を放つホタルを見つめる方々から「わぁきれい」と感嘆の声も上がり、多くの方々に楽しんでもらっています。
ホタルは清澄な水辺でしか育たないと言われています。下水処理水は汚いという一般的なイメージを払拭するために始めたこの取り組みは、地域と環境に貢献できる活動として、複数の事業所で展開しています。

野菜収穫イベント
受託管理する下水道処理施設において、近隣住民の方をお招きした野菜収穫イベントを実施しています。
下水処理場内の空地を利用して植え付けた野菜を皆さまとともに収穫し、地域の方々ともっと身近にふれあうことができる良い機会となっています。
また、単なる収穫イベントに留まらないよう、循環型施設「下水処理場」をPRするパネル展示や施設見学会を併せて行うなどして、下水処理場のイメージアップも図っています。
今後も下水処理場のイメージアップを図るとともに、地域の皆さまとのふれあいを深める活動に取り組んで参ります。


下水道フェアなどへの支援活動
各地区の自治体が主催する下水道フェアなどの開催において、展示物の準備や来場者の引率など、支援というかたちで、毎年参加させていただいています。
イベントの来場者の多くは、小さなお子様を連れてのご家族が大半であるため、下水処理場の処理水で飼育したメダカやエビ、夏季開催ではカブトムシやクワガタなどを提供し、遊びに来た子供たちの思い出に残るような取組みを行っています。


周辺清掃
それぞれの事業所において、施設周辺のゴミ、側溝に溜まる落ち葉や泥の排除など、定期的な清掃活動を行っています。
また、事業所によってはボランディア団体へ参画し、施設周辺に留まらず、快適な市民生活の創造に貢献するとともに、地域の皆さまとの共同活動を通して連帯感やコミュニティを培う場としても活用しています。

大規模災害時はライフラインである上下水道施設の機能を維持し、
被害拡大の防止や早期復旧に向け的確に対応しなければなりません。
当社が管理する施設において多大な被害を受けた福岡西方沖地震(平成17年3月20日)をはじめ、
これまで経験した災害に対するノウハウや技術を活用し、
緊急時における上下水道施設の機能維持に万全を期しています。
その上で、以下の取組みを通じ、更なる対応力の強化を図っています。



■GWIA(Green Water Innovation Alliance)
GWIAとは、下の4社において、
平成22年7月に設立されたアライアンスグループです。

・株式会社アイ・ケー・エス(宮城県石巻市)
・株式会社エステム(愛知県名古屋市)
・公営事業株式会社(東京都中野区)
・緑水工業株式会社(新潟県長岡市)


キュウセツAQUA株式会社は、平成24年4月よりGWIAに加盟しました。
大規模地震時等において被災地への全国的なバックアップ体制を確立しています。

GWIAの詳細についてはこちらから


■アマチュア無線
災害時にアマチュア無線を利用した通信網を構築するため、
社内有志による無線局を開設しています。
非常時の通信手段を確保することで
地域社会への貢献を図ります。